神山をきく2017-18 冬

あっという間に11月。
奈良公園は既に紅葉も始まって秋も深まりつつあります。

さて、今年で3年目となる『神山をきく』シリーズ。今年はちょっと遅めの12月と真冬の2月に開催します。
12月は紅葉の終わりに彩を楽しむプログラムを。
2月は、冬のピーンと空気の張った森で森のもようをてぬぐいに写し取るプログラムを実施します。

少しずつですが、常連の方や関東からのお客さんもお見えになるようになりました。
私が事務局をやっている「春日山原始林を未来へつなぐ会』でも少しずつガイドの依頼や、観光PRについてなど
徐々に広がりを感じているところです。

周りの変化は大きくありますが、この『神山をきく』については、スギヤマとおとたまりの岩田さんで
森を体験し、森に浸り、森に癒やされる事を通じて森を伝えるプログラムです。

他にはないこの場の雰囲気を是非体験していただけたらと思います。

お申込は、奈良市観光協会 『奈良市観光体験予約サイト~NARAタイム~』よりお願いします。
https://narashikanko.or.jp/naratime/ja

12月9日(土) 神山をきく 奈良世界遺産 春日山原始林さんぽ 彩編

2月25日(日) 神山をきく 奈良世界遺産 春日山原始林さんぽ もよう編

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL